医学部を出て医師へ

医師の出身大学について

医師は大学によって差が生じる 

医師になるためには、医学部医学科を設置している大学で6年間の専門授業を修得したうえで、受験資格を取得して、国家試験に合格する必要があります。これらの難関をすべて突破できた者のみが、労働を許可されることになります。しかし、国内には、様々な大学が医学部を設置しています。その中には、当然入試のランクの差が生じています。この差は将来的に少しですが影響してきます。国家資格を保有していても、医師の出身校を重視している場所もありますから、当然、最初の面接では影響が出てきます。

医学部卒業が医師へのゲート 

日本では医師として働くには、国家試験に合格して免許を取得することが義務付けられています。この試験を受けるには、6年制の大学の医学部や医科大学を卒業することが必須条件となっています。この期間には専門とする科を決めず、全ての分野の医学についてまんべんなく学びます。国家試験合格後は2年間卒後臨床研修を受けます。この間に自分の適性などをよく考えて、専門とする診療科目を決めます。その後先輩や上司の指導を受け、知識や技術を身に付けます。医師の勉強には終わりがないので、向上心がある人に向いている仕事と言えます。

医師の雇用形態情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.