医局の年金について

医局で年金に入る場合

医局で入会する医師年金 

医局は医師ばかりではなく、事務のスタッフも在籍しています。そのため、人数が多く、大規模な病院になればなるほど規模も大きくなります。女性医師も男性医師も在籍してはいますが、普通の職場とは違った環境で仕事をしている医師達です。医局で年金に入ろうと思っている医師は医師専門のものが用意されています。特例を除く通常の日本人の加入する20歳から支払いの義務があるものとは違い、医師会に所属していることが条件です。そして基本の金額以上を支払わなければなりません。年齢制限もあり、満64歳までに加入しないといけない年金です。

医局の年金は引き継がれて合算と 

医局で働く医師には異動がよくあります。その医局が国公立である場合や、私立や企業の場合などにより加入する年金の種類は違ってきます。しかし、転勤などをした場合にはいずれも年金は引き継がれていきます。それが都道府県が変わって働く場合も同じです。また、国公立などの共済に加入していた人が私立へ異動して加入するものの種類が変わった場合でも加入年数は通算年数となります。その通算年数が双方で25年以上となった場合に受給資格を取得できます。

医師の雇用形態情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.