定年退職のない医師

病院努めの医師と開業医

色々もんだいがあります。

医師が開業した場合の年収 

医師の方が開業した場合の年収についてですが、おおよそ2000万円前後が、年収としてあげられます。これは、場所や地域などにもよりますが、少なくとも800万円からであり、平均的には2000万円が年収となっています。医師の方の場合、開業ではなく、例えば市の病院などで働いたとしても、800万円は支払われます。そのため、その倍近くの2000万円ほどが平均的な金額となっています。特に精神科や心療内科では、最近需要が多く、更に金額が多い場合もあります。しかし開業をする際には、土地の確保や人が来院出来るか?などの問題もあります。特に土地に関しては、土地代がかなり高くかかる場合があるため、土地代だけは購入ではなく、地元の名士の方から、借りるという場合も少なくありません。地域にもよりますが、また近くに大きな病院などがあるかないかなども関係します。年収のいいお仕事の代表例ではありますが、患者さんの為を思ってできる仕事というのが何よりものやりがいです。

医師の定年の説明です 

医師免許を取れば定年が無いといわれますが、本当にないのは、独立開業している人だけです。開業医は、自身が、自分はもう続ける事が出来ないと判断した時点で医者としての引退にあたります。自分が出来ないと思うまで続ける事が出来ます。その為、40代や50代になる勤務医は、そのまま勤務医を続けるか開業医になるかを悩みこの時期に離職して開業医になる人が多いのも現実です。しかし、現代は開業医としてやっていくのも大変で、多額の開業資金が必要で、雇われている身から、今度は給料を払う側になるのは大変なようです。但し、安定した経営が出来れば勤務医の時より収入は増えます。雇われている医師には、定年があります。病院により、内部規定により定年の年齢は違いますが本人に続けたい意思があれば、延長できるようになっている所も多いようです。いずれにしろ、40代、50代の人は今後医者としてどの道を選ぶかが大きな岐路になるようです。

医師の雇用形態情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.