英語の話せる医師

医師と英語スキルについて

英語が話せる医師が必要 

病院にやってくるのは、日本人だけではありません。そのため、英語が話せる医師も一人は必要なのです。英語が話すことができる人が一人でもいれば、外国人も安心して診察にいくことができるのです。さらに、病院で働いている人も安心です。言葉が通じないと、どのような症状なのかも分かりません。そうなると、必要な薬もどれなのかわかりませんし大変なことになってしまうのです。一人でも話せる人がいれば、看護師も対応することができますし、患者を早く楽にしてあげることができるのです。一人でもそのような医師がいれば安心です。

町医者でも医師は英語が必要 

近年では、日本に在住の外国人の方も増えてきました。そのような方たちも時には病気をしたり、怪我をすることもあります。そんな時には、近所の診療所や病院で診てもらうことになりますから、町医者と言えども、医師は英語能力が必要とされる時代になったと言えます。かつては医者と言えばカルテにドイツ語で記述していたようですが、今はないようです。その代り、様々な国から日本にやってきた人々が、患者として病院や診療所を訪れるわけですから、国際共通語である英語に堪能であることが、町医者であっても医師には必要とされます。

医師の雇用形態情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.