開業医師に必要なもの

医師の開業にかかる資金

色々もんだいがあります。

医師が開業するのに必要な資金 

医師が自分の病院を開業するためには、まず自分がどのような病院を設立したいのかを明確にする必要があります。自分の作りたい医院のコンセプトをしっかりまとめた後は、病院をどこに作るか、事業計画の策定、病院の開業に必要な各種手続き、そして資金の調達方法や交渉手段の決定などを進めていきます。病院などで勤務する医師とは異なり、自分自身で病院を経営していくため、自分の病院の宣伝方法や職員の募集、さらにリスクを低減するためのアイデアなども重要になってきます。病院を開業するのに必要な資金の額は、科目によってそれぞれ異なります。内科の場合は、土地や建物、設備などを合わせて6000万前後必要です。設備が少なくて済む皮膚科や精神科の場合は、1500万円~2000万円程度で済みます。眼科については、白内障などの手術を伴う治療を行うか否かで、必要な資金の額に違いが出てきます。手術を行わない場合は5000万円前後、手術を行う場合は7000万円前後必要です。

自分の病院を開業した医師の年収 

弁護士や会計士などに並んで、難関国家資格として知られている医師免許ですが、一般的な病院で勤務している人と、自分の病院を開業して経営している人では年収に大きな差があります。病院で勤務している人の場合、1年で平均で約1500万円の収入がありますが、自分の病院を持っている人の平均はその1.7倍にあたる約2500万円の収入があると言われています。同じ仕事でも、病院で勤務している人と自分で病院を開業した人とでは、年収に大きな開きがあり、後者の方がより稼げるのは誰が見ても明らかです。しかし、自分で病院を経営すること自体様々なリスクが伴うため、決して楽に稼げるわけではありません。勤務時間は患者の予定に合わせなければならないため、不規則になりがちです。病院での勤務と異なり、収入の保証は一切ありません。顧客の獲得なども、全て自分自身で行う必要があります。医師としての知識や技術はもちろん、一人の「経営者」としての手腕も問われるのです。

医師の雇用形態情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.